株式投資をする上で銘柄選びとは

株式投資をするうえで どの銘柄を購入するか

まずはそこからどうしていいか分からない事が

多いようです。

日本の上場企業は3847社

その内 1部上場企業は1856社

(いずれも2014.12.12時点 四季報より引用)

これだけの会社の中から どのようにして

見つけるのか...

それは四季報を使うことです。

私は株式投資でお金を稼いでいく上で

四季報は必須アイテムとして使っています。

四季報はあれだけ情報量の多い、太い本ですので

おそらく大半の人は見ただけでゾッとすると

思います。私も初めはこの分厚い本の

上で読もうとするもよく途中で眠たくなり

枕のように使ったものです。

でも本来は枕でもありません!(当たり前ですが)

銘柄選び 株でお金を殖やすための情報が

たくさん掲載されてます。

私は18年間株の売買をしてますが

1部上場企業の中からしか選ばないですし

自分なりの条件を決めて選ぶことで

(・来期の経常増益率がよい など)

30~40銘柄をピックアップし

年間実際には10数銘柄をやるだけです。

株式投資はすっごく難しいことをやってるように

みられがちですが ポイントさえ押さえれば

至ってシンプルなやり方をしています。

そして四季報をみていれば

変な銘柄に巻き込まれる可能性も減ります。

先日 会社更生法を適用したスカイマークも

四季報には大赤字と書いてますし

通常選ばないはずです。

それでも株式投資はいろんな儲け方があるようです

・ギャンブルのようにやって うまく儲けれたらいい
今回はうまくいった 今回はダメだったな

・しっかり勉強して でっかく儲けずとも
長くコンスタントに利益をとれていければいい

私は後者ですので 四季報でしっかり銘柄選びをし
株式投資を楽しみながら長くやっていければと
思っています。

株の奴隷にならないように

株式投資を熱心にやっていると
『株の奴隷』に なってしまうことがあります。
手持ちの銘柄が気になり株価の動きに
振り回されている状態を言います。

そしてその株価が下がりなかなか売ることも
できずにいると塩漬け株となり 手持株と
縁を切れず知らぬ間に『奴隷化』してしまいます。

お金を殖やすために始めた株式投資が
いつしかストレスが大きくなりマイナスの
習慣となってしまいます。

株式投資をビジネスとして考えれば
すぐに問題点をはっきりして
株価の奴隷から解放されるよう行動するべきです。

~恵泉株式投資塾 セミナーご案内~

・賢く殖やすもっと知りたいワクワク株式投資
2月22日(日)
14:00~16:00
参加費 3000円
場所 上汐Leesビル(上本町)

・株の不安よサヨウナラ!
手堅く殖やすHow to株式投資
〇大阪開催
3月1日(日)
14:00~16:00
3月8日(日)
14:00~16:00
参加費 5000円
場所 上汐Leesビル(上本町)
〇神戸開催
3月7日(土)
14:00~16:00
参加費5000円
場所 神戸三宮 センタープラザ西館

【一度で2度おいしい】
これだけは知っておきたい
賢く殖やそう株式投資&お茶会
3月14日(土)
13:30~15:30
3月15日(日)
13:30~15:30
参加費 2000円とお食事代
場所:メゾン・ド・イリゼ(堺市)

各種セミナー詳細・申込みはセミナー情報ドットコムより

http://www.seminarjyoho.com/company_show_5794.html

株の三角関係

株式投資をやっていると株価の三角関係で
悩んでおられる方がたくさんいます。

人間の三角関係の問題のように泥沼に
入るとなかなか抜け出せません。

株の三角関係とは買値と現在値と高値の
関係で起きるものです。

Aさんはある会社の株価500円で購入

①500円から550円に上昇
幸先のいいスタート
もっとあがればいいや

②550円から480円に下落
下がってしまった 550円で
売っておけばよかった

③480円から450円に下落
500円ぐらいで売っておけばよかった

④450円から500円に上昇
上がったけども
買値だし 上がってからまた売ろう

⑤500円から430円に下落
500円で売っておけばよかった...

このようにAさんは今後も決められず
負の連鎖 スパイラルに巻き込まれ
おそらくこのままダラダラと持ち続けてしまい
結局これが塩漬け株となり
長く保有し続けることになってしまいます。

株式投資をする上で自分なりの
ルールを決めていれば
こんなことにはならないのでは
ないでしょうか

いきあったりばったりの

今回はうまくいった

今回はダメだった

これは投資ではなく投機であり

ギャンブルと同じになります。

大事なお金をそういったやりかたで

減らすのはあまりにも悲しいものです。

例えば10%利益を取れれば売る
10%損失でれば損切りをする

こういったルールを決めるだけで

成績は安定してきます。

塩漬け株は

商売で言えば

不良在庫を抱え込んでるようなものです。

損失を出しても その資金で

また殖やしていく 資金を回転させていく

このことは商売にも大切ですし

よりよい株式投資の資金効率に

つながるのではないでしょうか

株の三角関係に

陥らないようにする

打開策は売買のルール

取り決めをしっかり行うことではないでしょうか!

投機ではない株式投資とは?

みなさんは株式投資とはどういったイメージでしょう?

ギャンブル 危険 損をさせられる 別世界のものだ

そういった声が聞かれます

実際 株の世界は97%の人が損をすると言われています

では残りの3%はどういった人たちでしょう

それは株の世界で必ず利益を上げないといけない人たち

私たちの年金 銀行に預けたお金 保険 年金 など

運用を託されて結果を残さないといけない人たちです。

果たしてこういった人たちが果たして行き当たりばったりの

運用をしているでしょうか?

投資のルールやコツを守った上で運用しています。

勝ち組に入るにはまず自分なりのルール、やりかたを

守るべきです。

ルールがない投資は 単なる行き当たりばったりの

うまくいった 今回はダメだった。。。

果たしてそういうのを投資と言うでしょうか?

それは単なる投機 ギャンブルでしかありません。

自分のこれまで汗水たらして稼いだお金を

そんなことで減らさないでください!

株式投資は商売と同じでルールやコツを掴んでやるべきです。