株の三角関係

株式投資をやっていると株価の三角関係で
悩んでおられる方がたくさんいます。

人間の三角関係の問題のように泥沼に
入るとなかなか抜け出せません。

株の三角関係とは買値と現在値と高値の
関係で起きるものです。

Aさんはある会社の株価500円で購入

①500円から550円に上昇
幸先のいいスタート
もっとあがればいいや

②550円から480円に下落
下がってしまった 550円で
売っておけばよかった

③480円から450円に下落
500円ぐらいで売っておけばよかった

④450円から500円に上昇
上がったけども
買値だし 上がってからまた売ろう

⑤500円から430円に下落
500円で売っておけばよかった...

このようにAさんは今後も決められず
負の連鎖 スパイラルに巻き込まれ
おそらくこのままダラダラと持ち続けてしまい
結局これが塩漬け株となり
長く保有し続けることになってしまいます。

株式投資をする上で自分なりの
ルールを決めていれば
こんなことにはならないのでは
ないでしょうか

いきあったりばったりの

今回はうまくいった

今回はダメだった

これは投資ではなく投機であり

ギャンブルと同じになります。

大事なお金をそういったやりかたで

減らすのはあまりにも悲しいものです。

例えば10%利益を取れれば売る
10%損失でれば損切りをする

こういったルールを決めるだけで

成績は安定してきます。

塩漬け株は

商売で言えば

不良在庫を抱え込んでるようなものです。

損失を出しても その資金で

また殖やしていく 資金を回転させていく

このことは商売にも大切ですし

よりよい株式投資の資金効率に

つながるのではないでしょうか

株の三角関係に

陥らないようにする

打開策は売買のルール

取り決めをしっかり行うことではないでしょうか!

投機ではない株式投資とは?

みなさんは株式投資とはどういったイメージでしょう?

ギャンブル 危険 損をさせられる 別世界のものだ

そういった声が聞かれます

実際 株の世界は97%の人が損をすると言われています

では残りの3%はどういった人たちでしょう

それは株の世界で必ず利益を上げないといけない人たち

私たちの年金 銀行に預けたお金 保険 年金 など

運用を託されて結果を残さないといけない人たちです。

果たしてこういった人たちが果たして行き当たりばったりの

運用をしているでしょうか?

投資のルールやコツを守った上で運用しています。

勝ち組に入るにはまず自分なりのルール、やりかたを

守るべきです。

ルールがない投資は 単なる行き当たりばったりの

うまくいった 今回はダメだった。。。

果たしてそういうのを投資と言うでしょうか?

それは単なる投機 ギャンブルでしかありません。

自分のこれまで汗水たらして稼いだお金を

そんなことで減らさないでください!

株式投資は商売と同じでルールやコツを掴んでやるべきです。