【底値計算で下げ止まりが分かる】

1年以内の高値を
ある指数を使って
割って銘柄の底値を出します。
計算通りに安値をつけて
下げ止まるものがあります。
安値付近で買うと短期で
利食いできるものがたくさんあります。
最近の銘柄で取り上げると
(1805)飛島建設です。
昨年の8月高値267円があり
これを指数1.97で割ると
136円の底値が出ます。
2月に安値135円と1円違いで下げ止まり。
5週間後に202円まで上昇しています。
この指数は30年前に考案し
ずっと活用続けています。
下げるチャートの見極めが
本当に楽しみです。
2016-05-12 (1)

なぜ【株のパーソナルトレーナー】をやっているのか?

私は株をはじめてもう20年近くなりますが
今でも難しいと感じることはあります。
そんな時は株の相場研究30年になる
父のもとで話をするようにしています。
そうすると不思議とまたやる気がわいてきます。
株は自分で判断しなくていけないことも多く
まわりに信頼できる相談者が いなければ
孤独との戦いでもあります。
信頼できる相談者メンターのような人が
いてこそ 株式相場での世界でもしっかり結果を残し
やっていけるのではないかと思っています。
これは人の意見を鵜呑みにするとかではなく
ちょっと一呼吸おいてみるといったところでしょうか。
株は焦ったり不安になると落ち着かない投資行動を
とり 失敗に陥りやすいです。
株は精神面メンタルなところが非常に多い
ように思います。
そこでその人にとってどういうやり方、
考え方であれば よいかサポートをする株の
パーソナルトレーナーを目指しています。
『中原さんがいるから乗り越えられた。』
『これまでとは違って焦らず
落ち着いていられるようになった。』
こういった声をもらえるのが一番嬉しいです。
株に対する意識、考え方が変わればたった
6か月でも 株で成績を安定させることは可能です。
株で 簡単に儲けて入ってきたお金は
すぐ損をして出ていきやすいですが
じっくりコツをふまえてやれば
安定的にふやすことはできますし
損はすることはあってもダメージも少なく
結局トータルで 増えていれば問題ないので
はないでしょうか。
株のパーソナルトレーナーとして
受講者の方が いい方向に向かっていくこと
成長が見えることが 私の楽しみであります。
12718324_817934585002689_1460487240417197086_n

絞り込んだ方がうまくいく

株式投資はだいたい保有銘柄は
どれくらいがいいか?
私の個別指導では5以下にしてください
とお伝えしています。
それは利益が分散してしまうからです。
すべてが同時に上がればいいですが
なかなかそうはいかないですし
管理も難しくなってきます。
なので多くても5つまで
それでもまだ私の中では多いです。
極端に言えば手持ちは1とかでもいいぐらい
ここである例をご紹介します。

株の売買を3ヶ月で10%増やすを
年4回すると

200,000→220,000

220,000→242,000

242,000→266,200

266,200→292,820

年利46%になります。

株に絶対はないですし
損するときもありますが
上記の例は私からすれば
かなり安全に見積もってます。
これがもし保有銘柄を
増やすともっと成績は
落ちる可能性はあります。
株は2~3週間で10%超えも
ありますし3ヶ月かけて
ようやくもあります。
私の場合は長くても3ヶ月までに
結果を出すようにしてますし
かなり慎重にいったとして
年利46%が20%台でも
決して悪くないと思います。
大事なのはしっかり結果を
出す売買ができるかが
大切だと思います。
1月、2月下げてましたが
私は年末よりマークしてたものは
3月の頭で20%とれています。

決して誰にもできないことや難しいことを
やっているわけではありません。
株の売買は資産運用です、
繰り返し積み上げていくもの
そこに再現性がないと意味がありません。
一攫千金にはその反対がありますが
こつこつふやすことはあっても
こつこつ減らすことはないはずです。
(↑減ってる時にきづくでしょうし)
株はコツさえつかめばできます!
そして上記にも書きました通り
ひとつの会社を売り買い絞れば
結果もシンプルにいいものを
産み出しやすいと思います。

私のセミナーではそういった売買のヒントや
考え方をお伝えしています。
http://www.seminarjyoho.com/company_show_5794.html