株式投資をする上で銘柄選びとは

株式投資をするうえで どの銘柄を購入するか

まずはそこからどうしていいか分からない事が

多いようです。

日本の上場企業は3847社

その内 1部上場企業は1856社

(いずれも2014.12.12時点 四季報より引用)

これだけの会社の中から どのようにして

見つけるのか...

それは四季報を使うことです。

私は株式投資でお金を稼いでいく上で

四季報は必須アイテムとして使っています。

四季報はあれだけ情報量の多い、太い本ですので

おそらく大半の人は見ただけでゾッとすると

思います。私も初めはこの分厚い本の

上で読もうとするもよく途中で眠たくなり

枕のように使ったものです。

でも本来は枕でもありません!(当たり前ですが)

銘柄選び 株でお金を殖やすための情報が

たくさん掲載されてます。

私は18年間株の売買をしてますが

1部上場企業の中からしか選ばないですし

自分なりの条件を決めて選ぶことで

(・来期の経常増益率がよい など)

30~40銘柄をピックアップし

年間実際には10数銘柄をやるだけです。

株式投資はすっごく難しいことをやってるように

みられがちですが ポイントさえ押さえれば

至ってシンプルなやり方をしています。

そして四季報をみていれば

変な銘柄に巻き込まれる可能性も減ります。

先日 会社更生法を適用したスカイマークも

四季報には大赤字と書いてますし

通常選ばないはずです。

それでも株式投資はいろんな儲け方があるようです

・ギャンブルのようにやって うまく儲けれたらいい
今回はうまくいった 今回はダメだったな

・しっかり勉強して でっかく儲けずとも
長くコンスタントに利益をとれていければいい

私は後者ですので 四季報でしっかり銘柄選びをし
株式投資を楽しみながら長くやっていければと
思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です